Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

入院一回目

2012年5月13日、初回化学療法のため入院しました。

日曜日入院。
最近はこういう病院が増えてるのかなあ。


ちょっと緊張する。

採血。先週したのに、、。


先生から治療の説明がある。
抗がん剤治療の同意書にサインする。
手術の予定日も聞かされる。
いよいよ明日から治療かあ。
ちょっと人ごと。ははは。


晩ごはんが18時前にやってきた。
はやっ!(◎_◎;)

味はちょー薄味。
「ごはんですよ!」持ってきててよかったぁ。


早く寝ようかなあ。

緊急入院

2012年4月25日に緊急入院した。
4人部屋でナースステーションの近く。

とにかく色んなところに連絡しなくてはそう思った。
しかし、携帯の充電が大ピンチ

優先順位の高い順番に連絡(メール)していく。

職場の友人に入院したことをメールすると入院生活に必要なものを準備して駆けつけてくれた。
彼女は天使だ☆

充電器も持っきてくれた。助かったぁ~。

24時前までいてくれた。
感謝!

上司には彼女が連絡してくれた。
やっぱり天使だ☆

出血を止めるためにガーゼをたくさん入れられている。
そのためおしっこの管も入れられた。
ガーゼで圧迫されているのと管が痛い。
看護師さんに座薬を入れてもらった。
これがすごく効いた。
すごいなあ。座薬って。


救急外来で入れてもらった点滴の針がとにかく痛い。
我慢できずに抜いてもらった。
あとですごい内出血になった


隣のベッドのおばあちゃんが苦しそうに咳をする。

不安で涙が止まらなかった。

この夜はほとんど眠ることができなかった。


起床後の採血でHb5.3mg/dlとさらに低下している。
「輸血しますか?」と先生。
今のままではHbはなかなか戻らないだろう。
輸血に同意し、4単位入れることになった。


輸血前に骨盤のMRIを撮った。
すごい音だった。
頭の上で工事をされているようだった。
でも、CTよりいい。
造影剤は何ともなかった。


午後から婦人科部長の診察があった。
この先生の診察の痛いことと言ったらない。
「やだ、やだ。この先生、やだ。」
ここでずっと入院ならこの人が手術するのかなあ。
やだ、、。

診察の後、おしっこの管も抜いてくれた。ちょっと痛い。


そして、輸血が始まった。アレルギーもなく夕方には終わった。


入れてから徐々に楽になった。Hbも順調に回復していった。
もうドキドキも息切れもない。

輸血して良かった。


「出血が止まってたら一回、退院していいですよ。」
やったー!
帰れる。猫たちに会える。

茶色いおりものはでるが、出血は止まっていた。
明日の朝に退院が決まった。


この病院の看護師さんは優しかったなあ。
でも、あの先生はやだ、、。


主治医の先生がもうすぐ大学に帰ることなると聞かされる。
「治療はどこでしますか?それも考えておいてくださいね。」
ここはないな。即決!
う~ん、どこにしようかなあ。


退院の日、天使が来てくれたヽ(^o^)丿
やっぱり天使だ。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。