Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

手術当日

朝5時に目が覚める。よく眠れた。
目覚めてから下痢のためトイレに通う。お腹は痛くない。

6時から点滴が始まった。

7時に浣腸(T ^ T)
そして、またトイレへ(T ^ T)


8時45分に歩いて手術室に行く。

手術室の部屋に入り、ベッドに横になる。
2人の麻酔科医、3人の看護師さんに囲まれる。
1人の看護師さんのメイクが濃くって釘付けになった!(◎_◎;)

酸素マスクをされ、「今から薬がはいりますよ。」と言われてしばらくしてら記憶はない。


手術は予定より1時間くらい長くかかった。
リンパ節の1つに転移が見つかった、卵巣の転移術をしたらしい。
あとはうまく取れたらしい。
輸血を1単位したらしい。らしい。


回復室に帰って着替えをしている時からかすかに記憶がある。
はっきりしたのは痛くてどうにかしてほしくて目が覚めた感じだった。
それと喉が渇いて仕方なかった。あんなに喉が渇くと辛い。

最近は硬膜外チューブを入れないらしく、点滴からフェンタネストが入ってた。
これをフラッシュしても座薬を入れても2~3時間効けばいい方で身の置き所がない状態だった。
痛みが取れないからフェンタネストのベースがUPされ、ますますフワフワして気分が悪く、動くと吐き気が出てくる。
あんな痛くて辛くて長い夜はない。

この痛みは治まるのかと不安でたまらなかった。

手術後の痛い苦しみは分からないと思う。
「なんでこんなに痛み止め使ってるのに効かないの。」って思うだろう。
だって痛いんだもの。
「お腹を切ってるのよ!」叫びたくなる。

耐えた私はすごいと思う。自分を自分で褒めたい。
スポンサーサイト

手術前日

手術前日、朝から低残渣食になっている(T ^ T)
13時からは絶食になる(T ^ T)

午後から麻酔科の先生、手術室の看護師さんの訪問あり。

14時から点滴が始まった。そして、下剤を飲む。

診察の後に手術前の説明があった。

抗がん剤を2コース入れて腫瘍は半分近くまで小さくなっていた。よく効いている。
しんどかったのだから、効いていないとね。

卵巣をどうするか最終的な返事をする。
残しても取っても転移する確率は同じ。明らかな転移があれば、もちろん取る。
一つでも機能は充分果たせるのでよりいい方を残すことにした。
リンパ節に転移があれば、卵巣の転移術をする。

あとは輸血するかどうか。
抗がん剤を入れた後なので貧血気味での手術になる。手術後も抗がん剤を入れる予定なので出血が多くなるようなら1単位だけ入れることにした。

5枚の同意書にサインをした。


寝る前にもう一度、下剤を飲む。それと眠剤も飲んだ。

手術がうまくいくことを祈りながら眠りについた。

再入院

いよいよ手術のための入院です。

夕べは美味しいものをいっぱい食べました。
わんこ、ありがとう(*^_^*)

食いしん坊の私。
明日からの絶食に耐えられるかなあ。
また点滴のお世話になる。


明後日の今頃は目が覚めて「痛い、痛い。」と言ってることでしょう。

でも、早く悪いものを取ってほしい。
ただ、それだけ。

頑張ろう!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。